頑張っているママに朗報|妊婦さんにやさしい便秘改善商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的な治療法があります

漢方

ホルモンバランスの乱れ

女性が閉経を迎える40代半ばの時期を「更年期」と言います。更年期に入ると卵巣の機能が衰えることにより、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が減少します。エストロゲンの量が減ると、脳が卵胞刺激ホルモンを分泌して卵巣からのエストロゲンの分泌を促しますが、卵巣は十分にエストロゲンを分泌することができません。そのためエストロゲンは減るが卵胞刺激ホルモンは増えるというホルモンバランスの乱れが起こり、エストロゲンの分泌をコントロールしている脳の視床下部という部位が混乱してしまいます。視床下部は体の臓器の働きや発汗など様々な調節を行っている自律神経のコントロールも行っているため、ホルモンバランスの乱れは自律神経の機能低下につながり、全身に様々な症状が出るようになります。これを更年期障害と言います。

体質に合わせて処方

更年期障害の症状には様々な物がありますが、体の症状と心の症状に分けられます。体の症状としては、だるい、疲れやすい、のぼせ、ほてり、多汗、頭痛などがありますが、特に、突然体がほてって大量の汗が噴き出るホットフラッシュと呼ばれる症状が有名です。心の症状にはイライラや不眠、不安などがあります。更年期障害の治療法としてはホルモン補充療法が一般的ですが、漢方薬が用いられる場合もあります。特に、ホルモン補充に抵抗がある人や飲み薬が多い人によく漢方薬が使用されます。漢方薬は病名で処方するのではなく、患者の体質や体調などを見て治療を行います。例えば体力が充実している人を「実証」、体力がない人のことを「虚証」、偏りがない場合には「中間証」と言います。これらの違いによって処方される漢方薬が異なってくるため、自分に合った漢方薬を見つけるには医師に相談するのがおすすめです。